対岸のタイの灯りを背にメコン河の堤防でヒップ
ホップに興じる青年グループとそれを見守る観衆

メコン河の堤で毎晩何百軒のナイトマーケットが出されるが若い女性の服装がスマートになってきた。

ボリカムサイ県パクサン市の食料品・雑貨品の市場を訪問。これは牛皮で食用。

ピンクに染められた鶏卵。おめでたい時に供される。

輸入された海の魚を販売
地方の女性が製作した工芸品の販売の案内パネル 空港のイミグレーションに掲載されたビザの要不要およびビザなしで何日滞在できるかの一覧表。二国間の関係の良し悪しにより違いが出てくる。
DVDの販売が盛ん

パイナップルの販売トラック

雨の降らない時を見計らい近所の人も一緒に田植え。機械よりも人力による田植えがまだ多い。車を停めて声をかけると作業を止めて挨拶をしてくれた。 現在はまだ人力に頼る部分が多いKUBOTAのトラクターも販売されており車同様機械化が進むのにそれほど時間が掛からないかも知れない

ラオスで一番大きな企業と言われているビアーラオを作るLAO BREWERY本社本社および工場も大きいが周りのインフラも高級でラオスにいることを忘れる感がする

 同本社ロビー


   2016年7月記

過去のラオスの風 
2016年6月  2016年5月 
2015年12月  2015年6月   
2014年6月 2013年6月 
 2012年7月  2012年6月
2011年6月 2011年2月
 2010年12月   2010年7月 
2010年6月 2010年3月